献立作成の仕方

こんにちは☺nanaです!

初めましての方はこちら

Instagramの料理アカウントを作成して早1年経ち、よく「献立はどうやって立ててるの??」と聞かれることが多いので、私流ですが今回はそのことについて投稿します。

1.主菜(メイン)を決める

主菜(唐揚げや焼き魚、炒め物、麺類、ご飯類、煮物など)を決めます。これは自分の食べたいものや、家族などのリクエストでいいです。主菜よりも副菜(サラダ、和え物など)で食べたいものがあればそれでも大丈夫です。とにかく最初に一つ決めます。これが決まらない場合や、冷蔵庫の残りのものが少ない時は、あり合わせを適当に一緒に炒めておしまいの時もあります。

2.色を決める

副菜決めですが、足りない色を組み合わせていきます。食卓は基本的に、赤、黄(オレンジ)、緑、黒(茶)、白の5色が揃うことで華やかになり、栄養価も極端に偏りが少なくなります。私の場合、メインが茶色系(肉や魚)が多いので、サラダや和え物で緑と赤やオレンジ(キャベツ、きゅうり、ミニトマト、赤ピーマン、にんじんなど緑黄色野菜)にし、ご飯や、じゃがいもや根菜類でもう一品にし、白をもってきます。ただこれに関しては、毎回揃えるのが慣れるまでは難しいので、できる範囲からで大丈夫だと思います。あとは、定食屋さんのごはんをイメージをしてみてください。彩りが良く、栄養バランスも良さそうに見えませんか??定番メニューでもいいので真似してもみると感覚がつかみやすいと思います。

3.味を決める

人間が感知できるのが、甘味、塩味、苦味、酸味、うまみの五感であり、この5つの味を揃えることで味被りを防げるのですが、うまみは難しいので4つを揃えるようにしてます。2の時点で、メインが決まっているのでひとつ味が決まります。そこから足りない味で決めていくのですが、多少は被ってもいいと思います。というのも、和食=だしや醤油寄り、韓国料理=辛めやごま油寄り、中華料理=脂っこいなど、ジャンルごとに決まっている味もあり、わりと似たような味になっていますので、気にならない方はそこまで味被りは気にしなくてもいいかなと。あとは食材によって美味しく食べれる定番の味付けもあるので、参考までに私がよく使用する調味料の組み合わせや方法をご紹介致しますね!

【甘味】砂糖×酢=甘酢、砂糖多め×醤油=甘辛、ケチャップ多め、野菜本来の甘味を出す調理にするなど

【塩味】塩、醤油を多めにする

【苦み】苦みの強い食材を活かす(セロリやゴーヤなど)

【酸味】酢多め×醤油=酢醤油、レモン汁を少し加える

あとは、マヨネーズ、マスタード、バジル、ミツカンさんのダシ酢、オリーブオイル、顆粒だし、鶏ガラスープの素はかなり重宝してます。少し加えたり、これだけでも味が出るのでレッスンでご用意して頂くことがあります。

こちらは一部で、ここからさらに組み合わせた味付けはレッスンでのみ公開しているので、レパートリーや味付けに悩んでいる方はこちらからのLINE@にてお気軽にご相談くださいね★もちろんトークは無料です(^^)

私流ですが、この方法で3食×2ヶ月分の献立作成してやっていきました!最初はできなくて悩み、いろんな方法でやってましたが、とにかく慣れといろんなお店に行って味を覚えるのも手段です。そこから広げたりもするので、外食した際には、お料理写真を撮って見返したりして思い出したりしてます。

リクエストレッスン受け付けています、ご予約はこちらから♥

更新率高いInstagramはこちら

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です