料理が楽しくなる方法~前編~

こんにちは☺吉永菜々です!

はじめましての方はこちら★

Instagramにも投稿しますが、簡略化しているので、こちらで詳しく解説していきます☆

料理に限らず、嫌い・苦手なことをする時間ってとても苦痛で、できれば避けたいですし、

それが生活の一部のことですと、毎日その時間は憂鬱ですよね><

反対に、好きなこと・楽しい時間は、ストレス発散にもなり、その時間を堪能してたいですよね!

仮に、毎日の生活で少しでも楽しい時間があったら、気持ちがわくわくして、そのことを考える時間も楽しくなるはずです!

今回は、大の料理嫌いだった私が克服した方法や、実際にレッスン受けて頂いた方々の声を参考にして

家事の一部である、毎日の料理時間を少しでも楽しくなる方法について前編と後編に分けてまとめていきます☆

人それぞれですが、何か苦手・嫌いなことを克服したい方にも少しでも参考になったら幸いです。

人と一緒に作る

家族や友人、恋人と一緒に料理をして、なにかを作りあげる楽しさを体感することです。

自分ひとりで苦手なことを黙々とするのは、時間がかかりますし、集中力も切れやすく、余計イヤイヤになることも、、、。

環境の力を借りるということになりますが、自分の好きな方と一緒にやったらコミュニケーションが取れるので、お喋りに夢中になって気づいたら終わってた!という経験はございませんか??

そういった感覚で何度かやってみると、楽しさと他人のやり方を吸収することができるので、こういった面でも勉強になります^^

あとは、お料理教室に友人と通って、プロの方から直接学ぶのもひとつです!

「そうは言っても、このご時世だから、直接一緒には誘いにくい、、、」

って思った方!!

オンラインでも十分にできますよ^^

しかも、こちらのメリットは、

お互い自宅なので、自分家の調理用具が使用できる

自宅の台所を、気を遣わずに使用できる

気を遣わずにできる(一番大きなポイントかと思います)

実際にオンラインレッスンにて、生徒様から

「誰かと一緒に料理をすることの楽しさを知った」と言って頂けて、

人となにかを作り上げるってお互い楽しむ時間になると感じました^^

誰かのために作る

人のために何かをする時って気持ちが一層入りますよね!

家族や友人、恋人、あるいは自分でもかまいません!

作って喜んでくれる人がいると、自分自身も嬉しく、気持ち的に満たされ、

モチベーションの維持にも繋がりやすいです。

また、感想を聞いて、改善点が見つかったら次に繋げていけばいいですし、

人が作ったものに対して、すごくうるさい文句を言う人は少ないです(笑)

誰だって、人になにかしてもらうことは、嬉しくないですか??

「自分のために作るのはちょっと、、。」

「自分だけだから、食べれればなんでもいい」

って方もいるかと思います。(私もそうでした)

確かに自分自身より、他人の為なら!と優しい気持ちも大事ですが、

毎日何かに頑張っている自分自身を大切にすることが一番です☆

疲れて帰宅してから、ごはん作るのめんどくさいなーと思うときがあったのですが、

すっごく簡単にできるものを作って、食べたときに

「自分で作ったものが美味しいのって幸せだな、、」

っと感じることが増えてきました。私個人の出来事ではありますが、

少しでも毎日、小さな幸せを作ることが精神面でも良い状態になれるのかなと思います。

完璧じゃなくていい

料理=凝ったものだと思い込んでませんか??

料理人さんが作るようなものが「料理」だと思ってませんか??

全くそんなことなく、新鮮な野菜に塩をかけるだけでも十分立派な一品です^^

あとは、完璧を求めていますとキリがありません(笑)

最近では、「電子レンジで一発」のような方法でもかなりクオリティの高いおかずができますし、

「調味料ひとつで味付け完璧」のようなものも出回ってきているので、それだけでも満足だと思っています^^

それに、一番大事なのは「気持ち」、要は「愛情」がこもっていれば完璧な気がして、

このマインドで私は作っています(笑)

今回前編でしたが、後編でも詳しく解説していきます♪

この記事で少しでも共感・やる気になった方がひとりでも多くいらっしゃると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です