料理ができるようになってよかったこと

 

 

こんにちは!

料理家・栄養士の吉永菜々です!はじめましての方はこちら★

 

現在料理家として活動していますが
元々は超がつくほど料理嫌いでした。

嫌いだった理由は

✔️レシピ通りに作ったのに上手に作れない

✔️「できたー!」と思って食べさせたら「美味しくない」の連発(時間かけて頑張ったのに、、。)

✔️上手くできないから楽しくない

主にこの3つが嫌い要因でした。

 

「栄養士=料理ができる」
とよく捉えられがちで

「お仕事栄養士さんなんだね!そしたら料理上手だね^^」

とよく言われましたが
全くそんなことなくて、、。(内心ヒヤヒヤ)

本当に
一生克服されないのではないだろうし、別にできなくてもいいかなーなんて思ってました。

 

 

 

でも実際できるようになってよかったメリットはたくさんあって

料理教室を開講できたぐらいなんです。

少しでも「料理上達したい!」と考えてる方!!

私ができるようになってよかったことが主に5つあるので、簡単に解説していきますね!

家族が喜んでくれた

「帰ったらごはんがあるのはありがたい!」

「人が作ったのは美味しいね!」

と、料理ができるようになってから

言われることが増えて、この言葉がとても嬉しかったです。

「姉ちゃんが作ったのは食べたくない」

弟に言われ続けた数年前が嘘みたいに

「これ美味しいよ!いくらでも食べれる!」

までになり、ガッツポーズでした(笑)

自分に自信がついた

料理だけでなく、なにか苦手なことが

克服されると自分に自信が出てきて

楽しくなったり、自己肯定感がUPしたなどの

経験はあるかと思います。

そして自分に自信がある方は周りから見ても

キラキラしてみえるもの!

私も料理ができるようになってから

「なんか楽しそうだね」って言われることが増えました。

実際にレッスンの感想でも

「レッスンで料理ができるようになって自分に自信がついた」と言ってもらったりで

料理する機会が増えた方もいます。

それぐらい自信というものはすごいパワーを持っています。

好感度アップした

SNSで何気なく作ったものを投稿してたりしてたのもあって

「料理できるんだね!いいね!!」と周りからの評価はup!!

会話のネタになったり、話が盛り上がることも多々あります。

よく見かける

「理想の彼女」「結婚相手に求めるもの」

などで挙がる「料理ができる」はウソじゃないぽいです(笑)

ちなみに私はこれに関しては

何もありませんでしたが、評価は本当に上がったのでよかったと思いたいです(爆笑)

なんでもポジティブに捉えて損はないかと(笑)

毎日小さな幸せができた

 

自分で作ったものが「美味しい!」と感じられるようになってからは

これが日々の小さな幸せも繋がって、幸福度UP!

「自分で作ったものは美味しいよ」って

料理できなかった時から言われてても、「美味しいー!!」と思ったことがほぼなくて

意味が理解できませんでした。

できるようになってからようやく理解して、そこから料理が楽しくなりましたし

自分で作ったものが疲れたときこそ、美味しくて身に染みることがあります。

日々の小さな幸せってこういうことかと実感しました。

節約に繋がった

冷蔵庫にあるもので、パパッと作れるようになったのも料理ができるようになってからです。

料理できないときはこのことに関して、とっても憧れでした。

 

慣れもあるかもですが、あるもので作れると

かなりの節約に繋がりますし、「私できるじゃん」て思えます(笑)

「これ作ろうかなー。にんじんない!買い物行くかぁ、、」

ってことが減って、

「代わりにこの野菜で試してみよう!」

とか、調べたりとかして小さな知恵が増えたり、

自分だけのオリジナルレシピができたりも!!

「こんなものでもやってみたいなー」のきっかけにもなりました。

あとこれ好感度アップになります(笑)

 

 

 

料理上達してから学んだのは

「嫌いだった料理ができるようになったから、これならなんでもできそう!!」
というマインド!!

そこから料理以外のことで
できるようになったことがとても増えました★
(「私最強✌︎」ぐらいの気持ちになると心が軽くなる笑)

「嫌いだからやらない」
「嫌いだから克服されない」
「私にはできない」
と思うことは
あるかもしれませんが
自分で可能性を下げずに
「まずはやってみる!」
ことが大切だなと思います。

 

 

また更新しますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です