ふるさとワーキングホリデーin鹿児島県①

 

 

こんにちは!

料理家・栄養士の吉永菜々です!

はじめましての方はこちら

 

実は9/20~9/30まで鹿児島県志布志に滞在することになりました!

鹿児島県名物、黒豚を使用した豚丼を空港着いてすぐに食べるぐらいの

相変わらずの食好きなあたり(笑)

更新している今は2日目です!初日は移動でほぼ終わりました。

今回鹿児島県志布志に来た目的は

いちご農園の体験

(残念ながら時期的に収穫ではない)

知り合いがいるわけでもなく、アポなしで突撃でもなく

日本の行政機関の総務省が行っている取り組みである

【ふるさとワーキングホリデー】というものに参加しています。

期間中に地域で働くことで収入を得ることができるとともに、休日は自由な休暇を過ごすことができる制度。「ワーキングホリデー」と聞くと海外のイメージがあるかと思いますが、その地方版です!地域住民との交流や学びを通じて、旅行では味わえない体験ができます。

鹿児島県だけでなく、いろんな県で開催していますので

興味ある方はこちらから飛んでみてください^^

なぜ今回参加を考えたのかは最終日に更新しますので、そちらも楽しみにしていただければと思います。

 

 

 

—————————————————————————–

 

本日鹿児島ライフ2日目は、初いちご農園。(夢中になりすぎて写真どころではなくて撮り忘れた)

この時期は、タネをまいて耕す期間で、いちごを育てる第一歩の期間とのことでかなり貴重な時とのことで

良いときに来てよかった~と二日目にして感動(笑)

小さいタネから立派ないちごに育つ生命力を直接感じて、

しかも手で土を触ることがずっとなかったので不思議な感覚でした。

今日は短時間での作業でしたが、日頃室内での作業なので

外での作業がこんなに楽しく、気持ちも晴れ晴れとして浄化されて

来てよかったなとすでに思っています。

 

腕につけてた髪ゴムがお見事にくっきりするぐらいのお天気なので

明日から日焼け対策もしていこうかと思います(笑)

 

今回のことはとても魅力的なので、更新を頑張っていきますので

引き続き読んで頂けますと嬉しいです!!

 

また更新します!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です